みんな寿命を全うしようぜ

みんな寿命を全うしようぜ
西表島で会った昼の蝶

2019年10月9日水曜日

こういう映画も乙なもの「YUKIGUNI]

今も働くバーテンダー井山圭一

「BARは人なり」の言葉を体現するようなバーテンダーのドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」。
1959年壽屋(サントリーの前身)主催の全日本ホーム・カクテル・コンクールで「雪国」を出品、グランプリ受章。
 以来、現役バーテンダーとして今も故郷の酒田市にある「ケルン」でカクテルを作り続ける井山圭一さんは大正15年生まれ。
 佐高信の出身地、酒田の「ケルン」にカクテルを飲みに行きたくなる映画。

2019年10月5日土曜日

保育園運動会

卒園生の応援も本気
後輩の保育園生を見守る先輩小学生
いじらしい写真
朝鮮学校での懇談しながらの食事も楽しい
お元気な安重根先生を囲んで

 玉村町第四保育所の運動会は、少し風が強めだったが晴天に恵まれみんな楽しそうに過ごした。
私が特に印象的だったのが、保育所を卒園し小学校に入った先輩小学生が、応援にきていたこと。
みんな真剣に後輩の動きを見ている、そのいじらしさがたまらなくよかった。すくすく大人になれ。
 その後、前橋の群馬朝鮮学校で「ウリハッキョの意味を考える」講演があり聞き入った。ウリハッキョとは自分たちの学校という意味。来年は創立60年になるという。
 日本社会で、歯を食いしばりながら未来を見据え、運営していることの意味を日本人こそが知るべきだろう。
日本と朝鮮半島の歴史を学ぶことから接近するといいかも。

2019年10月3日木曜日

喜劇・二本立て観賞.秋です。


お気楽にいきましょう。

 この数年、夜のテレビドラマは見ていない。みーんな事件もので、必ず解決する権力万能神話と勧善懲悪、水戸黄門の現代版と言ったところ。 
 さて今日は、ベイシア文化ホールでの喜劇映画二本立て。チケットは500円とお手頃価格。国立映画アーカイブ主催で「優秀映画鑑賞事業」の一環。
「喜劇・女は男のふるさとよ」、森繁久弥、伴淳三郎が出るとなれば想像もつくだろう。
 そして「大誘拐」は北林谷栄、緒形拳、風間トオル、樹木希林、岸部一徳などが若くおどる。
 想像力が溢れ、寛容さに満ちていた頃だ。
数年前、甘楽町でも見たことがある。玉村町でもやるか❗