みんな寿命を全うしようぜ

みんな寿命を全うしようぜ
西表島で会った昼の蝶

2017年6月14日水曜日

久しぶりの谷中銀座散策

階段へ続く店並みは今も健在

  過日、都内での反政府集会の後、時間の余裕があったので、日暮里駅を降りて、谷中銀座を歩いた。
 24歳ころから5年間ほど、日暮里駅近くの狭いアパートに住み、東武線で越谷の職場に通っていた。
 通勤は朝は下り線なので渋滞はなく、満員の上り電車をみながら優越感に浸っていた。  
 アパートには、兵庫の垂水ユースホステルで知り合った風来坊・佐々木君が、彼女にも渡してない合鍵で出入り自由状態。そこへある日、谷中墓地近くのアパートに住む体育会系左翼の上原君が来た。
 帰ってみれば、主のいない間、二人が酒盛りをしていたので、「知り合いか」と聞けば、「今日が初めて」とのこと。他人の部屋でなんということ。ここから3人の関係は始まった。
 ルーズなひとつ年上の佐々木君は、しかし掃除好き。弁当も作り持たせてくれた。「石川ちゃん、彼女が作ってくれたといってよ」。 具のたくさん入った味噌汁をつくった上原君は、あの頃、スキーシーズンになると週末ごと夜行列車で山へ出かけていた。 
 当時付き合っていた彼女が部屋を見たいというから、あいつら来るとまずいな、と思いながら短時間部屋に入れたこともある。私が掃除がダメなことを知ってる彼女は、「だれか掃除をしてくれる人がいるの」と正しくも聞くから正直に答えた。こういうことは正直でなくちゃ。
 夕暮れの谷中銀座を歩きながら、夕食のおかずを買ったこともある。
 今から思えば本当に楽しい数年間だった。28歳のとき、それぞれがバラバラになるとき飲んだビール。それまでただの苦さしか感じなかったビールがうまいと実感した瞬間だった。
 佐々木君とはそれ以来、連絡取れず、上原君は高崎で会社を起こしマイペース稼業、彼女に関しては黙秘、完全黙秘。
 谷中銀座に続く階段は当時と変わらない。




2017年6月5日月曜日

「畑でマルシェ」自然な賑わい

歌う南條さん夫妻
自然に溶け込むマルシェ
木陰で見せ開き
堀越企画は広範に広まっていく

「畑でマルシェ」が玉村町内角渕で開かれた。好天にも誘われ、どこからともなく人々が集まり、自然の中、参加者は整然と店を開き、また歌を歌う。なんとも力みのない集まり。こんな悠々のひとときは、激しく生きる毎日へのご褒美か。大きな力になるだろう。
 

2017年6月3日土曜日

「共謀罪反対集会」を高崎城址公園で打ち抜く

角田義一さんが開会のあいさつ
妙な組み合わせかな
統一戦線でデモ
怒りは続く

 反対者には一顧だにしない、言い換えれば全く余裕のない安倍政権は、成立すれば通話やメール、SNSを警察が日常的に監視できるようになる共謀罪をまたも強権的に成立させようとしている。その目的は、戦争や政府に反対する個人・団体を「共謀」で弾圧するため。
 戦争国家になるためには、国家権力による国民監視が大々的に行われる社会にしなければならない。
 一つは法制度を軸にして、公安・警察、自衛隊を使っての監視体制の構築、もうひとつの軸は、社会の中に監視・密告体制を築くこと。
 これらに対抗できる運動を見据えた今日の集会だった。ラジカルな視点がないと対抗できない時代に入ったようだ。