みんな寿命を全うしようぜ

みんな寿命を全うしようぜ
西表島で会った昼の蝶

2016年10月22日土曜日

第9回 朝鮮学校を支援する集い/前橋

感性を磨く授業の様子
子供たちの舞踊

 
「朝鮮学校を支援する集い」が群馬朝鮮初中級学校であった。今年で9回目という。
 政府は「教育の政治的中立性」の言葉で全国の学校から政治を排除してきた。
 一方、朝鮮学校に対しては見境もなくあからさまに政治介入している。今年3月29日の文科省通達により、各自治体からの補助金停止という事態が各地で起きている。
 民族的少数派が自民族の文化や歴史を学ぶことは国際社会で認められた神聖な権利。これを否定したり不平等に扱うことは国連憲章に違反し、子供たちの人権、教育権を侵害する行為といえる。 
 対北朝鮮外交が暗礁に乗り上げた腹いせに、朝鮮学校の補助金停止とは在日朝鮮人への「八つ当たり」だろう。情けない限りだ。
 ということで、「朝鮮学校を支援する集い」に参加。

 午後からは12月14日の「金剛山歌劇団群馬公演実行委員会結成会議」、夕刻からは映画「蒼(そらいろ)ノのシンフョニー」観賞へと進む。


0 件のコメント:

コメントを投稿