みんな寿命を全うしようぜ

みんな寿命を全うしようぜ
西表島で会った昼の蝶

2017年4月27日木曜日

居酒屋友栄で毛呂先生を偲ぶ会

傘寿までもうすぐのこの若さ
年季が違うこの姿

3月に亡くなった高校時代の恩師毛呂實先生を偲んで教え子が居酒屋友栄に集まった。先生には我々の還暦同窓会にも来て頂き、還暦後の過ごし方など面白い話を聞けたし、もうお互い、お別れも遠くはない、との腹づもりもあったが、やはり別れは寂しい。
 70年安保闘争、あの頃の学校は規則や規律はあったが、適当にやっていたし、学校の縛りを感じたことはほとんどなかった。社会に若者が反乱を起こしていたし、それが当たり前だった。お行儀なんぞいいわけない。そのままここまで来てしまったが、最近、集まると安倍政治の批判は勿論のことだが、病気の話しが多くなってきた。いつも来る友人が体調不良で欠席とか、やはり年齢だろうか。
 しかし、この友栄という居酒屋、夜の繁華街(昔の話)の西からの入り口にあるが、一帯は昔の面影はない。そこで孤軍奮闘し生き抜いているのだからこれもすごい。
女主人は年季の入った踊りの先生、もうすぐ傘寿にはとても見えない若さ、姿勢がとにかくいい。
 今日は供養に踊るよ、と見事な舞を見せてくれた。夫は写真が趣味の人、そして、店を手伝っているお姉さんは92歳。本当かい、とみんな唖然としたが、「キチンと生きていれば生きられるんよ。踊りの生徒になりなさい」ときた。この店の看取りもする羽目になりそうだ。
 珍しい「14代」という焼酎をみんなで飲み、軽く二次会に行って現地解散。
1時間半かけて静かな夜を歩いて帰宅、足は強いぞ。

2017年4月22日土曜日

「共謀罪」反対街頭宣伝

「共謀罪」反対玉村メンバー
追悼碑裁判を解説する下山弁護士

 伊勢崎のベイシア前で伊勢崎・玉村町議員有志と市民団体の代表が「共謀罪」に反対する街頭宣伝を行った。
 安倍内閣は2013年に「特定秘密保護法」、15年には「安全保障関連法」を成立させ、自衛隊の海外での武力行使を可能にした。16年には、盗聴・司法取引の拡大をはじめとする新捜査手法導入(刑事訴訟法・盗聴法など司法大改悪)。
 今回の犯罪処罰法改正案(共謀罪)はこの一連の流れの中にあり、かつての日中戦争以降の戦時体制を支えた「思想」を取り締まる治安維持法、軍機保護法の成立過程を彷彿させる非常に危険な動きといえよう。
 政府が言う「組織的犯罪集団である団体に限る」とか「準備」などの「要件」は「絞り」にはならない。
共謀には「業務を妨害した」「強要した」などの「結果」は必要なく、取締官や捜査官が判断する。
人々の連帯、つながりそのものを処罰し、「話し合い」「準備」など日常行為が取締の対象となる。
 労働組合、大衆団体などが常時監視対象になり、労働組合の団体交渉も共謀罪となり得る。「私には関係ない」という人はひとりもいない。
 とにかく、「危ない共謀罪」を訴えないといけない、ということでの街頭宣伝活動。

 午後は高崎市労使会館での朝鮮人・韓国人強制連行犠牲者追悼集会と「記憶・反省・そして友好」の追悼碑を守る会の総会へ。
 歴史の真実を力ずくで消し去ろうとする反動を圧倒するたたかいにしたい。

2017年4月16日日曜日

まだまだ楽しめる東部スポーツ広場の桜/玉村町

満開の八重桜
まだまだ桜が楽しめるスポーツ広場
ブラジルチームの日曜日サッカー

 年齢のせいか、朝5時頃目が覚め、新聞を読んだ後、6時前から散歩に出た。もう桜も見納めだろうと東部スポーツ公園に行くと、まだまだ花は頑張っているし、今はボタン桜、八重桜が満開状況。
一度帰宅し、カメラをもって再び公園に行ったら、日曜日ごとにサッカーをしているという20人ほどのブラジル人グループの試合に出くわした。桜の公園で汗を流す若い連中のそのプレイの達者な事、さすがブラジルという感じ。玉村町、伊勢崎、高崎に住んでいる人たちという。余りに見応えがあったので1時間ほどたたずんでしまった。
 今日は一日、事務所に詰め、仕事の整理に費やす予定なので、呑気にサッカー見物という訳にもいかない。
 それにしても春だねえ。
朝鮮戦争は止めてくれ。反目し合い軍事にカネなどかけないで、米・朝サッカー試合で勝負しろい。
会場は東部スポーツ広場、利根川にカールビンソンと万景峰号の模型を並べて、バクダン用火薬を花火に変えて豪華花火大会。その方がみんな幸せになれる。

2017年4月15日土曜日

ユニゾンハーモニカクラブ合同演奏会

この迫力
内田典子独奏
満席の会場もウットリ
花束も持ちきれない
ピアノ演奏から独奏までを演じた須藤斉先生

 満席の高崎シテイーギャラリーでユニゾンハーモニカクラブ合同演奏会を初めて聞いた。同級生の内田典子さんの独奏を聴きたくて行ったのだが、まあ、クラブ員、60代の人はまだ若いようで、70代、80代が中心の感じだが、見ると、若い頃、それぞれの分野で相当活躍していたやに見受ける。こんなにも生き生きとハーモニカを吹きまくるなんてすごい。故小池正夫先生のハーモニカを思い出した。
 独奏を演じた内田典子さんの見事な演奏にはアンコールもあり3曲聴くことができた。
 何より驚いたのは、最初のピアノ演奏から最後の独奏までやり抜いた88歳の須藤斉先生、ユーモアもありただ者ではない指導者とみた。囲碁の観戦記者とか。
 来年もやるそうだ。生涯学習としても最適。

2017年4月11日火曜日

今週末・高崎シテイーギャラリー催し物紹介2件

堀越けいにんとくつろぐ内田典子さん
 
 9日で終わった高崎映画祭、何かと用事がが重なり11作品しか観ることができなかったが、いい作品を見ることができ視野が広まった思いだ。
 そして、今週末、ふたつの企画を紹介したい。
まずは4月15日(土)午後1時からシテイーギャラリー・コアホールでの「ハーモニカの調べにのって懐かしい歌を」と題するユニゾンハーモニカクラブ連合会第11回合同演奏会。
2部ではハーモニカの独奏があり、内田典子さんがひとりで演ずる。彼女は私の小学校、中学校の同級生で還暦過ぎてのハーモニカ独習だったが、はまりにはまって独奏するまでの力をつけた。どんなもんか楽しみにしている。
 もうひとつは、シティーギャラリー1階予備室で14日から18日までの「星野文昭絵画展」。
 星野さん(70歳)が、徳島刑務所という限られた条件の中で描いた絵の展示展。
 高崎経済大学生だった星野さんは、当時、高経の大規模不正入学に反対し、学生を自治会に組織した大衆運動の中で国会も動かし、不正を止めさせた人。その後、沖縄の米軍基地固定化に反対し、全島ゼネストでたたかう沖縄県民に本土の労働者、学生が応えようと1971年11月14日渋谷デモを敢行した。その際、警察官1人が死亡した事件に関し、事件現場から遠く離れていたところにいた星野さんが「犯人」として今日まで捕らわれの身となっている。
 再審を求め、現在も獄中で国家権力とたたかい抜いている星野文昭さんの不屈さに励まされて多くの人たちが活動していることも事実。
 その星野さんを取り戻そうという大きなうねりをつくり出す為の絵画展にも注目したい。

 

2017年4月10日月曜日

桜満開

菜の花と桜道
東部スポーツ広場から見た浅間山
梨の木山古墳と浅間山

この季節になると足が向いてしまうスポットがここだ。
玉村町スポーツ公園と下茂木の桜、どちらも残雪の浅間山を背景に美しい光景が広がる。このシーンもまもなく終わり春から夏へと季節は移る。時間は猶予しない。

2017年4月8日土曜日

伊勢崎で「共謀罪」学習会

講師は吉野晶弁護士
主催者者としてあいさつ
堀越君も熱いあいさつ


 組織犯罪処罰法(共謀罪)の学習会を伊勢崎市民文化会館で開いた。
 秘密保護法、戦争法等々、次々と戦争への道へと法整備を進めている安倍政権は、いよいよ内心の自由にまで踏み込む共謀罪の成立を目指している。教育現場での教育勅語を容認するなど、その腐敗堕落ぶりには怒りしかわかない。
 吉野晶弁護士を講師とする「共謀罪」学習会を開きその危険性を共有した。キング牧師の「最大の悲劇は、悪人の圧政や残酷さではなく善人の沈黙だ」という言葉が今ほどしみ通るときはない。
 岡田愛之助さんが、国際情勢も含め、行動闘争の重要性を訴え閉会した。
 たたかう時は今しかない。

2017年4月6日木曜日

思いもかけない絵の贈り物

金さん親子と
コ・ポラムさんからの贈り物

 昨夜は濱口富士雄県立女子大学長の夜間講座「論語を読む」で、「子曰く、学びて時にこれを習う。亦説ばしからずや」等々とやっていた。 
 その頃、群馬朝鮮学校の卒業生コ・ポラムさんが母親の金春琴さん、弟さんと一緒に玉村に来て、彼女が朝までかけて一晩で一気に書き上げた絵をプレゼントしてくれた。
 今は成長し20歳になった彼女は、朝鮮大学校を卒業し美術系研究員として大学院に通うという。
 絵の特徴は、学校に通っていた頃、体験したいちご狩り、みかん狩り、ブルーベリー狩りをもとに、いちご、みかん、ブルーベリーを背景に石川農園とし、虹で結んでいる。2人の特徴も見事につかんでいる。
 私は何を求めているわけではないが、朝鮮学校の子どもたちにとり日本人との交流はそう多くはないようだ。
 昨今、日朝の政治関係の悪化の中、朝鮮学校への補助金すら打ち切る大きな動きがあるが、これは完全に間違っている。
 在日の子どもたちを日本人の子どもと一緒に育てられなくて何が国際国家だと言いたい。
 彼ら彼女らの生きる未来は私たちと同じだ。生涯のプレゼントとして大切にしたい。